アクアリウムなど趣味をメインに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エビと殺虫剤

こんばんは(^^)


今日はちょっと変わったお話です。




※以下は自分のネットでの成分調査とあくまで考察です。



エビと殺虫剤



エビ飼育には禁忌とされる殺虫剤。



みなさんエビ部屋等でゴキブリでたらどうします??


条件反射でバチン!!と行ける人はいいですが


条件反射でシューーーーーーーーーーーーーーッ


といっちゃう人いませんか??


近年殺虫剤の成分の多くはメトフルトリン等の合成ピレスロイド系です。


これはなるべく人には無害(全く無害ではない)かつ、虫に効くように作られた成分です。


とてもよく出来ていて、多少部屋に充満しても吐き気や頭痛などが起こることは少ないですよね??


ただ、よく出来過ぎていてエビちゃんにも効いちゃいます。節足動物ですからね。


自分の経験上、水槽に向かってファン等を回していると強烈な効果です。

全滅フラグです。



では、蚊ならどうか??

何千年前からの遺伝子に組み込まれてるか知りませんが、見たらパン!!としますよね??


しかし、中々HITせず…


そこで蚊取り線香や蚊取り機などを使用するわけです。

今回は蚊取り線香の話は除きます。



蚊取り機


1プッシュタイプ

置くだけ(壁掛け)タイプ

リキッドタイプ


色々ありますがこれらもピレスロイド系が主に使用されています。

これらはゴキブリ用とは違って、大量に使用することは無いと思います。

しかし、殺虫効果は濃度依存的に上昇すると考えられるので、メーカーとしては一定以上の濃度を維持したいわけです。

1プッシュタイプはエアゾールですね。

一気に拡散し一定濃度に達し、効果も持続的です。

では置くだけ、リキッドはどうか?


これらに使用されているメトフルトリンの最大の特徴として、常温揮発性が挙げられます。(電気加温で揮発させるタイプも多いです)

バンバン揮発するのではなくてゆっくり揮発し、時間をかけながら一定濃度までもっていきます。

壁掛けなどは、ドアや窓からの進入を防ぐのが主な目的です。

これらには灯油などの成分も含まれ、これもエビには有害な気がします。



しかし、濃度で言えばゴキブリ用よりは安全な気がします。

見方を換えて、エビ部屋飼育されている方はエアコン管理されている方も多いですよね??

つまり締め切り状態が多いわけです。


すると常温揮発性のメトフルトリンは日を追うごとに濃度を増すわけです。

でも空気中にあるだけではもちろんエビには無害です。


ですがファンなどで水槽に風を当てていると、空気中の成分もあたります。


製品によって違いますが、水溶性のものもありますし、界面活性剤を使用しているものもあります。

つまり、全く水に溶けないことはないと考えた方が安全だと思います。



ここまでダラダラと成分や性状などについて語ってきました。

ここまでをまとめると



・飼育部屋ではお菓子をこぼさない。
・玉ねぎを放置しない。
・水周りはシンプルに。
・Gホイホイ的な物の設置

これらはG発生予防と早期発見対策です。



問題は蚊です。

・喚起、ファンに注意
・薬品は控え目に


これくらいしか対策は無いように思います。


あと、試すとしたらということで2点紹介します。


※あえてリンクは貼りません(許可とかよくわかんないんで)




①ゼラニウム

これはアロマの一種です。

除虫効果があるそうです。

しかしこれがエビに無害かはわかりません。

自分的には危ない気がします。実験もする気はないので…



②ブラックホール・ホワイト


ふざけた名前ですが、これは薬剤不使用の蚊取り機です。

最初に言うておきます


15,800円です




蚊取り機 ブラックホール ホワイト

で調べていただくと出てきます。

これは室内用の蚊取り機で、インテリア性も悪くないです。

ランニングコストもボチボチなんで、エビ部屋に長時間いる方には良いかもしれません(*^_^*)

そもそも蚊に絶大な嫌悪感を抱かれている方も良いかもしれません。


自分的にはお勧めですが、なにせ試したことはないです。

ネット使用感も悪くは無かった気がします。


もしも何か使用される方がいましたらご一報いただけると嬉しいです(^.^)


つまり、使用感教えてねというやつです。笑





長文かつ駄文にお付き合い頂きありがとうございました(*^_^*)

間違えて追記欄にも書いてしまったので(割と重要)是非ご覧ください

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村




にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


いい忘れました。

今回のお話は決してピレスロイド系の蚊取り機を批判したわけではありません。

回し者でもありませんし、敵対企業関係者でもありませんただの水生生物好きです。


ピレスロイド系の薬剤の開発により、本当に蚊の被害が減ったと思います。

マラリアなどの感染症の脅威が叫ばれる中で、現在人類が取れる最大の抵抗が蚊取り機だとも考えられます。

米国で被害の出ているウエストナイル熱もそうです。

これからも開発の進展にとても期待していますし、世界レベルで広がってほしい技術だと思います。


ただ、今回はエビにはリスクがあるというお話をしたまでです。


僕の記事を見て、何か被害を被られたとしてもそれは意図的では無いので責任は負いかねます。



もちろんバンバンに蚊取り機つけてもバンバンバンバン繁殖させているかもしれませんので、全てを一概に断定することは到底不可能です。

スポンサーサイト

2012-09-27 : シュリンプ : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
おはようございます

蚊取りも液体タイプのものはよくないと漠然と聞いたことがあります。
しっかり調べられてますね

殺虫というより忌避効果のあるハーブなどに興味があります
2012-09-27 07:59 : G900:揖斐えび URL : 編集
蚊取り線香
こんばんはー。
今年の夏はエビが居るのでベープマット系は使いませんでした !!(`・ω・́)
殺虫のものを使うのは危険だと聞いていたのですが、実際どうなんでしょうね。
ハーブ系で虫が近づかないようにするのは気になりますね。

ブラックホール・ホワイト高いです(・◇・;)
そのお値段はちょっと手が届かないですね(笑)

食虫植物を育ててみるとか?(笑)
でもそれだと逆に虫を呼んじゃうのかな(汗)
2012-09-27 22:49 : ししゃも URL : 編集
揖斐えびさん
こんばんは(^^)
確かにハーブもあります!
成分はアロマの物と同じのもありました。

蚊なら良いんですが自分の田舎などは掌サイズの蜘蛛が出るんで大変です。笑
2012-09-27 23:19 : FR506 URL : 編集
ししゃもさん
こんばんはー(^^)
僕は1プッシュの物を(家族が)使ったら5匹いたエビが2匹になりました(p_-)ファンも当てていたので…
その中に抱卵もいましたが、ひっくり返って瀕死でしたがなんとか盛り返し孵化しました(^_^;)
その時母親の強さに真剣に感動してしまいました。汗

プライスレスな解決法

蚊と共生する精神を身につける。
2012-09-27 23:24 : FR506 URL : 編集
No title
こんばんは~

初コメです^^

殺虫剤とBeeの関係。。。
なるほど~、という感じのネタでした!

自分は北海道なのでGはいませんが蚊はいます。
気にしてはいた事ですが、殺虫剤の使用は控えめにしますね^^


お邪魔しました~~~(笑)

2012-09-27 23:52 : SON URL : 編集
SONさん
こんばんは初めまして(*^_^*)
毎回ブログ欠かさずチェックさせていただいています\(◎o◎)/笑
今回はちょっと自分の興味のある分野だったんで突っ走りすぎた記事でした。汗

北海道はG居ないんですね(>_<")うらやましい

これからも懲りずにコメントしていただけると嬉しいです(^^)
2012-09-28 00:03 : FR506 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

閲覧者数

プロフィール

FR506 (楠海えび)

Author:FR506 (楠海えび)
失敗続きのアクアリウム。
それでも、ボチボチ行きましょう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。