アクアリウムなど趣味をメインに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

コリドラス強化年間!!


今年イッパイ、コリドラス記事強化していきます!!


でもエビ記事も書きますよ(^^)


割合で言うと6:4ぐらいで。

ちなみに6はえびです。笑




あと先日の2次会ですが、参加せいていただける方は「参加!」等わかりやすい参戦お願いいたします(^^)

締め切りは…

いつでもいいんですが、明日17日の23:59までとしますね(^^)





自分は現在60H水槽に

低床:カスタムソイル
フィルター:エーハイム500
夜間エアレーション
タンクメイトはカラシン類とラスボラ類とオトシンです。

コリドラスは、ステルバイ1匹(水かび病?)のみです。


いつもなら病気と分かればすぐに薬浴するのですが、薬浴による魚へのストレスが怖いことと自分の管理能力の無さから薬浴は行っておりません。

ステルバイは以前と変わらず元気なので、調子が落ちない限り薬浴は行わないつもりです。






さて、飼育に関してですが



自分は今、カスタムソイルで飼育しています。

低床掃除は行っていません。

立上げから1か月は経過しています。

ソイル導入初期にポップアイでトリリネを落としました。

それと同時にステルバイも水かび病に罹患いたしました。


しかしそこからは落ちていません。

体力もあるようです。

ヒレもたたんでいません。


コリドラスに必須とされる低床掃除

これを怠っているにも関わらずなぜ元気なのか?


自分が思うに、カスタムソイルによる吸着効果があげられると思います。

もちろんフィルターが500なのは言わずもがなですが。

田砂飼育では低床の汚れはそのまま蓄積します。

そこからアンモニア等々の含窒素成分が排出されるわけですが。

ソイルはこれを吸着できますので、水質維持に一役かっているわけです。

ソイルの厚みは約4センチ

田砂で4センチだとかなりの確率でエロモナス等発生しやすいと思います。


おっとエビカテゴリーの方々は「エロモナス」に完全に反応しているようです。笑


ではソイル飼育が最強か?

そうとも言えません、今までソイル飼育が避けられてきた理由が立ちはだかります。

・低床掃除をすると、ソイルが泥状となりやすい
・汚れが蓄積し、ヒゲが溶けやすい
・砂を吸い込むしぐさが見られない


確かにソイル選びが重要です。

栄養系で柔らかめなソイルを使用すると泥化しやすく長期維持できません。

汚れは溜まるかもしれませんが、害が出ないなら良し。
うちのステルバイのひげは立派です。

砂を吸い込むしぐさが見れない。

コリ愛好家にとってはこれが一番の問題点じゃないでしょうか?


でもそんな愛好家をも唸らせるストロングポイントがソイル飼育にはあります。


それは…




体色が濃くなることです。



中には淡色の方がきれいな種類もいますが

ステルバイでいいますと

田砂:ライトブラウン(ベージュに近い)

黒色ソイル:ダークブラウン

となります。


コンコロールやベネズエラブラックもより一層引き立つでしょう。




ウダウダ書いておりますが、コリ飼育才能0の私が今考える良さ気な飼育環境を書いてみます。







①ソイルの場合

・カスタムソイルorプラチナソイルスーパーパウダー(厚敷きも可)
・外部フィルター(スポンジ付きで物理ろ過兼用)
・常時エアレーション
・水草:活着系、底面積を失わないよう配置。直植えも可能

利点
・水質が弱酸性で安定
・体色
・底床掃除の頻度を下げることができる
・立ち上がりが早い

欠点
・底床掃除をすると、にごりやすい
・特有のしぐさが見られない
・長期維持ができない




②砂飼育の場合

・田砂(最大1センチの薄敷き)
・外部フィルターor上部フィルター(D&W)
・常時エアレーション
・水草:活着系、底面積を失わないよう配置

利点
・低光量でも水槽内が明るい
・特有のしぐさが見える
・長期維持できる

欠点
・立ち上がりが遅い
・水草はほぼ植えられない
・弱アルカリに傾きやすい




んー時間と場所とお金があれば増設して比較するんですが…

今日は主に「底床」の話でした。


Crayfish_oosakaさんにソイルと溶存酸素のお話をしていただいたので、記事にしてみました。


ちょっと書きながら何が言いたいのかわからなくなりましたが・・・



とにかく、自分が考えるコリドラス飼育のポイントは

①低床

②溶存酸素

③トリートメント


だと思います。


また、考えがまとまったら書きますね(^_^;)


えびネタも随時更新します。


先日届いたレイアウト素材もまたアップします!


ではおやすみなさい(*^_^*)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
2012-12-16 : コリドラス : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

水草水槽
こんばんはー。
前々回の記事より・・・
最初の頃の20代前半の予測はやはりあってたんですねー(^m^)ムフフー♪
あの時は「違うのかー」と思ってました。すっかりだまされましたよー(笑)

ステルバイ・・・大丈夫でしょうか?
心配です。無事に元気になってくれるといいですねー。

底砂って選別悩みますよねー。
私はやはりコリのモフモフが見たいので砂一択です(笑)
掃除も楽ですしねー(^^)v

2012-12-17 00:26 : ししゃも URL : 編集
No title
おはようございます

2次抽選会 参加しまぁ~す
えびもシャドー系には砂がイイんじゃないかと
思う今日このごろ

弱アルカリは夏場のアンモニアさえ気を付ければ
シャドーには発色がよいと聞きますし

なにより老人には体力に優しいw
2012-12-17 09:09 : 揖斐えび URL : 編集
ししゃもさん
だますつもりはなかったのですが(^_^;)スミマセン
相変わらずステルバイは元気です。
だから薬浴にも踏み切れず…でも体力あるうちにやった方がいいかな?
自分は最初に砂をどれくらい購入していいかわからなかったので、10キロ?買いました(^_^;)余りまくってます。
もうしばらく水槽は増やせないと思いますが、一度ソイルでコリ専用立ち上げてみたいです。
2012-12-17 23:21 : FR506 URL : 編集
揖斐えびさん
確かに、シャドーはあまり酸性によってもよくないみたいですね…
種は違いますが、ブラックダイヤなんかを飼った日には砂飼育してみたいです(^^)
2012-12-17 23:25 : FR506 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

閲覧者数

プロフィール

FR506 (楠海えび)

Author:FR506 (楠海えび)
失敗続きのアクアリウム。
それでも、ボチボチ行きましょう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。